モリンガ(マルンガイ)の海外での評価

インドの「アーユルヴェーダ」

伝統医学アーユルヴェーダ

モリンガは、インドの「アーユルヴェーダ」にも取り上げられている、古くから利用されている植物であり、マルンガイ「モリンガ」は、人類が生きていく上で必要不可欠な栄養素を非常に高く持った植物であり、多目的に使用できる可能性がありました。

近年、そのモリンガを有効利用するため、様々な科学者が成分研究に没頭しました。各分野のスペシャリスト・経歴の持ち主が集結し、モリンガの研究を行っています。「モリンガ」は90種類以上の栄養素が相乗的に働く最適なバランスで存在している事が、科学的に立証されています。
なぜなら、米国の国立衛生研究所(NIH)、米国保健・福祉省の一部、および医学研究を行って、サポートする第一連邦機関でも称賛する植物なのです。

栄養補助食品として

モリンガは熱帯・亜熱帯地域に生育する樹木であり、生息するその地方で、なおかつ飢餓に苦しむ国では「栄養補助食品」として、多くの乳幼児を救っています。マルンガイ「モリンガ」は、地球環境に優しくだけではなく、自身の健康の「維持」「改善」にも効果を発揮するでしょう。

海外でも評価されているマルンガイ「モリンガ」の栄養素がぎゅっと詰まったモリンガサプリメントも日本国内でも通販で簡単に販売・購入できるようになりました。

スポンサーリンク